最近よく聞く後払いサービス現金化(ツケ払い現金化)って・・・?

ファクタリングとは、債権を期日前に一定の手数料を徴収して買い取るサービス。

闇金業者が給与ファクタリングを名乗り、個人の給与を買い取る行為が社会問題化しました。

・個人が勤務先に対して有する給与(賃金債権)を対象とした「給与ファクタリング」を業として行うことは、貸金業に該当(貸金業登録が必要)。貸金業登録を受けていないヤミ金融業者を利用すると、様々な被害や生活破綻につながるおそれ。

・事業者が保有している売掛債権等を対象とする「事業者向けファクタリング」においては、ファクタリングを装って貸付けを行うヤミ金融業者が存在。また、ファクタリングであっても、経済的に貸付けと同様の機能を有していると思われるようなものについては、貸金業に該当するおそれ。

・高額な手数料のファクタリングを利用すると、かえって資金繰りが悪化する可能性。

・新型コロナウイルス感染症に便乗して、ヤミ金融業者による違法な貸付け等が行われる懸念もあるため、十分注意が必要。

金融庁ファクタリングに関する注意喚起抜粋

金融庁の注意喚起もあり、個人向けの給与ファクタリングは、ほぼすべての業者が廃業となりました。

しかし、コロナ渦、銀行の貸し渋り、失業など様々な要因からお金が必要な人たちはいます。

そこで現在、即日現金を調達する方法で主流になってきているのが後払いサービスを利用した現金化です。

後払いサービスとは、商品の購入代金を後日支払い、品物自体は先に受け取るサービスです。

「メルカリスマート払い」「ZOZOTOWNツケ払い」「GMO後払い」など大手企業でも導入しているサービスです。

後払いで購入した商品を転売することで、手元にお金がないときでも、任天堂スイッチやPlayStationなどの高額商品を後払いで購入した商品を、そのまま転売することで、現金を手にすることが可能です。

基本的な仕組みはクレジットカード現金化やAmazonギフトカード現金化やキャリア決済を利用した現金化の流れに近いものがあります。

クレカ現金化やAmazonギフト現金化、キャリア決済現金化と同じように後払いサービス現金化も自分で行うことができます。

しかし、自分で後払いサービス現金化を行う場合は手間と時間がかかります。

・換金率の良い品物を見つけなければいけない。

・後払いで購入した品物が到着するまで待機しなければならない。

・届いた品物を販売するためのアカウント開設

・売れた商品の発送処理や緩衝材を使って保護する手間

・実際に買い取ってくれる店舗まで行く

など様々な手間が必要になります。また、買い手が見つかって成立する方法のため、自分の希望価格より売却価格が下回るリスクがあります。

その不便を解決するために「後払いサービス」各社、様々なサービスを展開しています。

代表的なサービスをいくつかご紹介します。

宣伝報酬式後払い現金化

FXソフトや情報商材を後払いで購入(3万円~5万円)

レビュー記事を書いて、即日で広告宣伝報酬を受け取る(1万円~3万円)

◇問題点
即日報酬を受け取り現金を手にすることは可能だがソフトや情報商材に価値がない業者がある、FXソフトが儲からない、情報商材自体が古い、副収入も入ると謳っているが実際には利用者がFXソフトや情報商材を高値で買わされているだけで、損をする可能性がある。

補足:インフルエンサーマーケティング、ディストリビューターなどと報酬名は業者により異なる。

 キャッシュバック式後払い現金化

最近問題になっている後払い現金化サービスがこちら。

デジタルコンテンツや風景画を高額で後払い販売(3万円から5万円)その商品代金のキャッシュバックとして1万円~3万円を受け取る。後日後払い代金を支払う。

◇広告宣伝協力金を受け取るために「対応が早くて助かりました。」などの高評価を書き込む必要がある、実質は闇金ではないかと一部の業者が利用者から賠償を求める訴えなどを起こされている。

個人向けの給与ファクタリング(給与明細などを提示し、入金予定のお金を担保に先にお金を受け取る)が金融庁に規制され、金融ブラックの方や非正規雇用やパート、アルバイトの方が困ったときはなず国からの援助を受けられないか検討してみてください。

コロナ禍で国も僅かですが支援を行っています。
優良な後払い業者もありますが、国の貸付は利息は0円で保証人なども不要です。

一度社会福祉協議会にご相談することをお勧め致します。

社会福祉協議会:緊急小口資金・生活支援費案内PDF

それでもどうしてもお金が必要な時は・・・

国からの支援を受けても足りない場合はすぐに金策に走るのではなく、現在の生活環境の見直しをしっかりしてましょう。

後払い業者は銀行ローンなどより手数料が割高です。

継続的に利用することになっては今より生活は苦しくなってしまいます。

もし後払い業者を利用する場合はきちんと運営をしている後払い業者なのか、しっかりと調べた上で計画的なご利用をお勧め致します。

・勤務先や自宅住所などの個人情報だけを抜いて
 貸付をしない業者
・支払いが遅れると、恫喝、職場への嫌がらせ
 家族や第三者に連絡をするなどの違法行為
・裸の写真を送れなど、常識外の対応を求められる

など関わってはいけない危険な業者もあります。予期せぬトラブルなどに巻き込まれないようにしっかりと、会社情報や5ch口コミなどを参考にご利用は慎重にご決断ください。

すでに悪徳業者に悩まされている場合は

1人で悩まずにまずは専門家に無料相談しましょう。