領収書・経費ファクタリングには悪徳業者も?おすすめの業者とは?

急な出費や現金不足のときに利用したい領収書・経費ファクタリング。金融ブラックの方でも利用しやすいと評判ですが、闇金まがいの業者も存在するため、利用の際は悪徳か優良かをしっかり見極めることが肝心です。 

今回は、悪徳業者の手口や優良業者の選び方、おすすめ業者についてご説明します。

領収書・経費ファクタリングには悪徳業者もいる

最初に断っておくと、領収書・経費ファクタリングは違法ではありません。しかし、この業界には闇金まがいの悪徳業者が少なくないのも事実です。

貸金業法の改正により、以前のような高金利で稼げなくなった違法業者や闇金などがファクタリング業界に流れ込んでいる実情を知る必要があります。

実際、次のような被害が確認されています。

■相場の倍以上の手数料を要求される

■支払いに遅れた場合、会社や家族、友人に連絡がいく

■用もないのにしつこく営業電話がかかる

■個人情報の流出・悪用

領収書・経費ファクタリングを利用する場合、こうした悪徳業者を避け、健全な業者を選ぶことが大切です。

悪徳業者の特徴・手口

悪徳業者には特徴があります。具体的には以下のような傾向があり、何か怪しいと思われるふしがあれば利用を避けましょう。

会社情報がはっきりしない

事務所もホームページも存在しない業者は実態が確かでなく、信頼性が低いといえます。

正規のファクタリング業者であれば会社情報がはっきりとわかるような体裁になっているはずです。

このような業者はファクタリング業者を謳っていても、法人ではなく個人運営の可能性があり、連絡先があっても急に連絡がつかなくなったりします。利用するなら法人格を持つ業者が安全です。

手数料が相場以上に高い

悪徳業者は手数料が相場以上に高いことで知られます。

領収書・経費ファクタリングの相場が40%程度なのに対し、悪徳業者は50%を平気で超えることも。

もちろんこのような高額手数料を公表しては客が寄り付かないので、手数料の説明を求めてもあいまいにごまかしてくるわけです。

そして説明になかった手数料を当たり前のように要求してくるのが悪徳業者の手口。料金説明がはっきりしない業者は危険と思ってください。

まともに審査しない

領収書・経費ファクタリングの利用では必ず審査があります。

しかし、悪徳業者はろくに審査も行わず、口座番号を聞いただけであっさり振り込んできたりします。

利用者からすれば一見親切ですが、お金を振り込んでしまえばあとは煮て食おうが焼いて食おうがこちらの自由というのが悪徳業者の考えです。

天国かと思ったら地獄が待っているだけで、その後は無茶な手数料、厳しい取り立て、しつこい営業電話に悩まされる可能性が大です。

取り立てが厳しい

昔ながらの厳しい取り立ては漫画の世界の話。現実にそれがあるとすれば闇金以外の何者でもありません。

自宅に直接やってくる、暴言を吐くなどの手荒な手段はもちろん、会社に電話したり、家族友人に取り立てを行ったりするなどの陰湿さも悪徳業者ならではの特徴。

支払いに遅れなければいいという考えもありますが、こんなリスクを抱えながらの利用は不安しかありません。先のことを考えると安心して利用できる業者のほうがいいはずです。

信頼できる業者を見つける方法

一般に優良といわれる業者はどのようにして見つけるのでしょうか? 以下、探し方のコツをお伝えします。

口コミサイトやランキングサイトを参考にする

領収書・経費ファクタリング業者を紹介するサイトに複数取り上げられている業者は、少なくとも違法性はないと判断できます。

特に口コミサイトには良い評判も悪い評判もあります。悪徳業者には悪い評判が集まり、優良業者には良い評判が集まるものです。バロメーターとなる有益情報は少なくありません。

公式サイト情報の透明度を調べる

会社情報、連絡先、営業時間、手数料、支払期日、審査に必要な書類など、最低限必要な情報を公式サイトで確認できるかどうかはとても大切。

ユーザーが欲する情報を明記してくれる業者には誠実さと真摯な姿勢が見て取れます。

さらに電話番号やメール対応でわからないことに答えてくれる業者はなお安心できるでしょう。

電話対応の品質をチェックする

電話窓口があるのは安心、そこからさらに一歩踏み込んで、受け答えや質問に丁寧に答えてくれる対応の良さも加わると、業者の信頼性の高さがわかります。

審査項目のヒアリングを電話で行う業者もあります。口コミ掲示板などを見ると、荒っぽい口調で対応する業者もあるようです。対応のよくない業者は先が思いやられるので、言葉の使い方や話し方のマナーなど弁えているかもチェックしましょう。

おすすめ業者「Receipt(レシート)」を利用してみて

悪徳業者の特徴や優良業者の探し方がわかったところで、具体的におすすすめできる業者について体験談を交えて紹介します。

実際、私が利用したのは、「Receipt(レシート)」という領収書・経費ファクタリング業者です。

公式サイトもきちんとしており、手数料など気になる情報もはっきりしています。少なくとも闇金ではありません。

Receiptを利用する経緯からお話していきます。

立替とパチンコで携帯料金が支払えず・・・

率直に申し上げると、私がファクタリング利用した理由はパチンコによる金欠です。

当時は日雇い現場の仕事に就いていて、給料は週払い。しかし現場へ行くまでの交通費は立て替える必要があります。収入も月収20万に満たない程度。それでパチンコに通い詰めるものだから、いつも手持ちの現金が少ない状態でした。

ダメとわかっていても、駅前の店舗からにぎやかな音楽が耳に流れてくると我慢できません。そんな調子だからキャッシング沼にはまって債務整理の経験もあるくらいです。

その週はいつもより負けが込んだこともあり、携帯料金の払い込みができない状態でした。携帯って、一回遅れただけで容赦なく止めてくるんですよね。こりゃ何とかしなければと思ったわけです。

金融ブラックの身でも手軽に利用できる金策はないかと探すうちに領収書・経費ファクタリングの存在を知り、口コミサイトなどで評判のよいReceiptと出会ったわけです。

審査はスピーディで即入金 助かった!

Receiptはオンライン申込み可能で、即日入金にも応じてくれるファクタリング業者です。

現場業務なので、在籍確認ありだと利用できない。Receiptは明確に在籍確認必要ありませんと言ってくれたので、安心して選びました。

申込みフォームに入力・送信して利用を申込み、必要書類を添付して送りました。Receiptでは以下の書類が必須です。

・顔写真付き身分証明書
・健康保険証
・領収書or精算書
・給料の振込確認書類(直近1か月分)

提出した領収書類は、現場へ向かうまでの交通費と仕事仲間と会食した際のレシート、携帯代金の明細書合わせて3万円くらい。

提出から約20分後、担当者から無事審査に通ったとの連絡をもらいました。

金融ブラックでも利用できるのは本当らしいです。

受け取れる金額ですが、領収書の金額がトータルで約3万円。手数料40%を差し引いた18,000円を受け取りました。もちろん即金です。

携帯料金を支払い、残りのお金はパチンコに使いました。その日は調子よく、3,000円の上がり。ラッキーでしたね。

週末の給料日当日にReceiptの支払いもきっちり済ませました。Receiptの支払いは原則、給料日のようで、余裕がもてます。

Receiptを使っての感想

私がReceiptを選んだ理由は、在籍確認なしを打ち出しているところと、即日対応可能なところ、この2点が大きかったです。

同じように急ぎの場合や、現場業務や派遣社員など在籍確認が難しい方は選びやすいのではないでしょうか。

電話の対応がとても良かったところも好感が持てました。口の聞き方が荒かったり、上から目線で答える業者もあると聞くで、はじめての方でも利用しやすいと思います。

公式サイトでも十分情報をオープンにしてくれていますが、フリーダイヤルから質問も受け付けてくれているので、わからないことがあれば何でも聞けます。相談しやすい雰囲気があり、初心者におすすめです。

優良業者を見抜いて賢く利用しよう

領収書・経費ファクタリングは立て替えた経費の現金化に便利なサービスです。

即日入金可・金融ブラックでも利用しやすいなどメリットがある一方で、悪徳業者に引っかかるリスクには注意が必要。

悪徳業者には手数料や対応、会社の信ぴょう性の面でやや問題があります。常識に欠けた部分が少しでも認められる場合は利用を避けたほうが無難です。

このような悪徳業者は一部に過ぎず、まともに営業するところも多いので、公式サイトや口コミサイトなどから情報を集め、賢く選んでください。