闇金の種類

後払いサービスを調べる中で、気をつけるべき、闇金や悪質業者の特徴をまとめました。

後払い業者を名乗る闇金が増えていますのでサービス利用前に必ずご確認ください。

闇金の進化

1990年代~出資法の上限金利が今より高かった時代

費者金融と商工ローンの取り立ても脅迫的・暴力的なもので、大きな社会問題になりました。
武富士の悪質な取り立て問題※(武富士社員が小学校3年生の男児に母親のことをしつこく聞く、母親に脅迫、財布を取り上げ中身を確認する、夫には知られない約束を破られる、後離婚)

漫画「ミナミの帝王」や「ナニワ金融道」のイメージです。

2000年代 法の規制を無視する闇金

携帯電話1つだけで営業できるマンガウシジマくんのような脅迫と暴力の闇金業者の乱立

システム金融(グループで貸し付ける手口)

90年代後半には、まず「システム金融」の被害が広域化します。

事業者を狙い、手形・小切手で決済させ、同一グループで次々に貸し付けて自転車返済させ、元金を膨らませる手口です。

都(1)金融(貸金業の認定を受け堂々と高利貸し)

同じ時期に「都(1)金融」が急増します。

貸金業の登録を受けて堂々と広告を出しながら、出資法違反の高利貸しをやっている業者のことです。

当時は貸金業登録の審査が甘く、数万円の登録料さえ出せば簡単に通ったのです。

法規制の強化

2004年には出資法違反の罰則を強化したいわゆる闇金規制法が成立します。

2006年には貸金業法改正が行われ、消費者金融や商工ローンなどの合法的高利貸しへの締め付けも強まります。

2005年(平成17年)1月27日の福岡高裁判決(平成16年(ネ)第752号事件)を初めとする下級審判例にて、ヤミ金の貸付契約は公序良俗に反して無効とされた。さらに、三年後の2008年(平成20年6月10日)最高裁判例(平成19(受)569号事件)により、ヤミ金による貸付金は民法708条の不法原因給付であり、被害者からヤミ金への損害賠償請求では、貸付金を利益相殺しないことが確定した[21]

この二つの判例により実質的に、下記の事項が訴訟上認められた。
・闇金融から借りた金は、元金も含めて返還する必要がない
・借りた後に闇金融に対して支払った金品は、その全額を返還請求できる
(ただし元々が犯罪性のある狡猾な組織であるから、回収に実効性があるかは議論の余地がある)

消費者金融が法規制強化で失速するのが目に見えていました。

2008年 最高裁判決 闇金への元金は返済義務はない。

違法な金利はもちろんダメですが、元金についてはたとえ闇金であっても返済義務があるのではないか?

この問題について2008年の最高裁判決で、利息も元金も払う義務はないという結論が出されました。

これ以後、警察の闇金対策マニュアルも整備され、弁護士の対応方針も明確になりました。

グレーゾーン金利廃止、出資法の上限金利引き下げ、みなし弁済の廃止などが定められ、2010年にはそのすべてが施行されます。

給料ファクタリング業者が逮捕された理由

闇金がファクタリング業者を装い問題化

ファクタリング (: factoring) とは、他人が有する売掛債権を買い取って、その債権の回収を行う金融サービスを指す。
ファクタリングには様々な種類がある。

保証ファクタリング
人が有する売掛債権を与信判断の上で買い取って、その債権の回収を行う。債務者が支払不能になった場合、ファクタリング会社が債権会社に代金を支払う。

国際ファクタリング
[編集]貿易取引で使われる信用状(Letter of Credit)開設にともなうコストを軽減する仕組である。一括回収(一括支払信託とも言う)[編集]一括回収は、他人が有する売掛債権を買い取って、その債権の回収を行う金融サービスを指す。また、これは債務者の債務返済代行(「信託受益権」化)と表裏一体であり、債権者・債務者双方との契約によって成立する決済システムである。

ファクタリング業者は大手銀行系金融会社が主力ではあるが、商社系金融会社やノンバンク、その他電機系などシステムを構築でき、かつ信用調査機能を持つ会社なども参入している。 電子手形(電子記録債権)制度の普及とともに、企業の利用の減少が想定されている。

引用元:wikiファクタリング

「給料ファクタリング」初摘発 業者の男女4人逮捕
社会・くらし 2020/7/29 16:45

「給料を支給日前に受け取れる」などとうたい無登録で金を貸し付けたとして、大阪府警生活経済課は29日、コンサルタント会社「SONマネジメント」(東京都)の社員、岩田俊一容疑者(29)=山形市=ら男女4人を貸金業法違反(無登録営業)の疑いで逮捕した。

府警によると「給料ファクタリング」と呼ばれる新たな手口で、摘発は全国初。

(中略)

府警は、同社が買い取り額から差し引く形で受け取った手数料が、実質的な利息に当たると判断。

年利換算すると、630~1620%で法定上限(年利15~20%)を大幅に上回るといい、出資法違反容疑でも調べる。

給料ファクタリングを巡っては、強引な取り立てなどによる被害が相次ぎ、金融庁は3月に「貸金業に当たる」との見解を公表していた。

引用元 日経新聞「「給料ファクタリング」初摘発 業者の男女4人逮捕」

ファクタングを装った闇金問題

法定金利の「81倍」で貸し付けか…”給与ファクタリング会社”社員の男ら3人を「再逮捕」

給与を受け取る権利を買い取り、法定金利の「約81倍」で金を貸し付けた疑いで給与ファクタリング会社の社員の男ら3人が再逮捕されました。(中略)

容疑者らは、今年3月から6月にかけて、給与ファクタリングとして金を貸し付け、手数料のようにみせかけて、債務者4人から最大で年間1660%にも上る利息を受け取った疑いがもたれています。

容疑者らは貸金業の登録を受けずに営業をした疑いでも7月に逮捕されていました。

引用元:関テレ「法定金利の「81倍」で貸し付けか…”給与ファクタリング会社”社員の男ら3人を再逮捕」

記事文中にもある通り、給料ファクタリング業者が逮捕された理由は貸金業法違反の疑いです。

東京地方裁判所が示した通り、給料ファクタリングは給料債権の売買を装った違法な貸付であるとの判断がなされています。

通常、貸付けは金融庁の許認可が必要となりますが、給料ファクタリング業者は許認可を得ていません。

また年利1000%もの高額な手数料も問題視されています。

現在の法定金利が20%までである事と比較すると、いかに給料ファクタリングの手数料が高いかがお分かりでしょう。

加えて支払い遅れに対する厳しい督促等も批判されており、給料ファクタリング=ヤミ金との認識が広まっていました。

摘発されたDラインという業者について

摘発されたSONマネジメントという企業は、Dラインという名前のファクタリング業者を運営していた会社です。

Dラインは給料ファクタリングの黎明期から運営を行なっていた業者ですが、

厳しい取り立て、高い手数料などが、しばしば批判されていました。

引用:ファクタリング情報館

過払金について

2020年3月に金融庁が給料ファクタリングを違法な貸付である、との見解を示しています。

加えて今回の事件を鑑みると、今後給料ファクタリング利用者に過払金を請求する事が認められる可能性は極めて高いと考えられます。

ただ実際に、相手は違法な闇金業者です。過払金を請求し、過払金を受け取れるかどうかは定かではありません。

事実、利用者が集団提訴した七福神においては、未だ過払金の請求が認められておらず、金額も決まってはいないという状況です。

過払金の金額は業者が保有している現金に左右されるところもあり、必ずしも過払金を受け取れるわけではないという点にご注意ください。

ツケ払い業者を装った悪質ファクタリング業者

ファクタリングは貸金業にあたるという金融庁の見解を受け、ファクタリングを装い暗躍していた闇金業者が、次に目を付けたのがツケ払い、後払いサービス、情報商材を後払い支払い、キャッシュバックで先払いという名目で暴利が横行している現在

ソフト闇金 2021年現在の闇金の営業スタイル

実態は闇金と同じ、表面上は利用者に優しく接するというスタイル

現在給料ファクタリングをご利用中の方へ

給料ファクタリング業者が逮捕されたと言うことで、現在営業中のファクタリング会社は撤退していくと考えられます。

「再契約の約束」や「金利を下げる約束」「貸付金額の増額の約束」を取り付け、お支払い後は貸し渋りをしたり、契約できなかったり、今後は支払い遅れに対する厳しい催促や嫌がらせをしたりする業者が現れることが予想されます。

しかしながらDラインの逮捕事例を引き合いに、ファクタリング会社と支払いを交渉するのは危険です、相手は法律を無視して営業する違法な闇金業者です。ファクタリング会社が逆上する恐れもあり、勤務先に無言電話や実際に来たり嫌がらせをされる、別の闇金業者やSNSに個人情報を流出させられるといったことが考えられます。

現時点で違法なファクタリングをご利用中の方は、元金和解、過払金の請求などはご自身でするのではなく

闇金問題に強い弁護士・司法書士にきちんとご相談することをおすすめします。